フリーランスから正社員に就職する方法

フリーランスをやっているという人の中には、正社員に転職をしたいという人も多いでしょう。
フリーランスの仕事は時間を自由に使えることがメリットですが、やはり収入の安定性という意味では不安があります。
子育てのために一時的にフリーランスをやっていた主婦の人は、子供がある程度大きくなると、正社員に就職をしたいと考えることも多いようです。

若い人なら、まだまだ正社員になれる可能性はあります。
20代前半で入社したときには、賃金は20万円程度になることも多いですが、40代後半くらいになってくると、40万円を超えることも珍しくありません。

正社員として20年〜30年働いていると、賃金は倍以上になることもよくあります。
そして、退職をするときには多額の退職金をもらえますし、老後も厚生年金をたっぷりもらうことができます。



フリーランスをしている人は、国民年金ですし、退職金はもらえません。

まだ若い人は、積極的に正社員になるための活動をするべきでしょう。

30代後半くらいになってくると、正社員への転職は難しくなっていきます。



なるべく若いうちに正社員になるための活動をするべきです。

転職エージェントなども活用してみましょう。

転職エージェントでは、転職アドバイザーがマンツーマンでサポートをしてくれます。



非公開求人を紹介してもらえることがあるので、転職エージェントに登録をしないと見られない求人もあります。スキルを持っている人や、若い人には転職エージェントがおすすめできます。