フリーランスとして働くメリットが多い

サラリーマンは、会社に勤め、そこで仕事をもらって働きます。

チームが存在するので、連携が重要となるでしょう。



しかし、フリーランスは会社に勤めることなく、また、場所問わずに働くことができます。
ただし、仕事を自分で見つける必要があり、チームのように助けてくれる人もいます。

さらに、仕事に対して全責任を負わなければなりません。

つまり、自分の実力が全てであり、取り組めなければ今後信頼されることはないでしょう。


フリーランスは十分な実力が備わっていなければ働くことはできず、長続きしないので覚悟を持たなければなりません。
これさえ突破すれば、フリーランスのメリットを十分に感じることができます。仕事を探す必要があることから、自分の得意分野のみをセレクトすることができ、嫌な仕事はパスしても問題はありません。

よって、効率的に働けるようになり、無駄がなくなります。



さらに、仕事の売上げがそのまま収入となるので、ちょっと働くだけでガッツリ稼ぐことができます。サラリーマン以上の収入を得ることができるので、経済的に余裕ある生活が送れるでしょう。


フリーランスとして働けるようになれば、時間的にも余裕のある生活が送れます。

仕事を選べることから、働きたいときに働き、休みたいときに休めます。


また、働く時間も選ぶことができ、朝ゆっくり過ごし、午後から働くことが可能です。


サラリーマンのように満員電車に乗ることも寝不足になることもなくなるので、ストレスフリーで働けます。