フリーランスとして働く場合の心構え

フリーランスとして働こうと考えている人もいるでしょう。



満員電車に乗ったり、決められた時間に出社したり、わずらわしい職場の人間関係がないというメリットがあります。
現在の仕事の人脈がある人、人脈がないけれどフリーランスになる人がいます。誰もが何の不自由もなく働けるとは限りません。



人脈がない場合は特に、最初のうちは苦労するものです。

会社と違って仕事の依頼を受けるところから始まるので、依頼が少ないと生活に影響が出てしまいます。

また、人脈があっても、いつまでも仕事がもらえるとは限りません。
大きなミスがあったりすると、次から仕事がもらえないということもあり得ます。

そのためフリーランスとして働くには、もしものときに備えて、しっかりと貯金をしておくことが大切です。

どんなに儲かっていても、いつ怪我や病気になるか分かりません。

すぐに生活に影響が出ないように、貯蓄をしておくこと、そして複数の会社から依頼を受けるようにすることです。たとえ1社から依頼がなくなっても、他の3社があるといった具合に、そう簡単に影響が出ないようにします。



そして最大の課題は健康面に気を付けることでしょう。


会社にいたときのように、休職できるとは限りません。


事情を話しておいたとしても、治癒したときにまた依頼が来るかどうか、不安が残ることは事実です。

どのような仕事にも良い面と大変な面があります。

もしものときに備えたうえで、仕事に取り組むことがベストといえるでしょう。